今がチャンス!?円安タイミングでFXを攻略

円高を阻止した介入とは?

円相場が上昇して円が高くなると介入が行われて、円が下がったとニュースで言われたりしますが、介入とは公的機関が円を売って円の価値を下げることを意味しています。
円を売る公的機関として、この時は日本の中央銀行として通貨を管理している日本銀行が、円を売ってドルを買い市場に円を供給して円の価値を下げています。

円を売るとはどういうことか

日銀が行っているのは、外国為替市場でドルを買いその代金を円で払っているだけですが、ドル買いの反対の意味で円売りと表現しています。
日銀はドルを必要としているのではなく、円の価値を下げたいだけなので、ドル買いとではなく円売りとニュースで伝えています。

介入が行われる理由

急激な為替相場の変動は、日本経済に悪影響を及ぼして、企業収益の悪化をもたらします。
それで日本政府は為替相場の安定を求めて、財務省が日銀に介入を行うように指示をして、日銀が円高阻止の為に市場介入を行います。
介入の資金ですが、政府が政府短期証券を発行して、それを民間や日銀に引き受けさせて得た資金を日銀に預けます。

預かった資金で日銀は外国為替市場でドルを買って円を市場に供給します。

市場で円売りをする以外の介入は有るのか

レートチェックといって日銀が今の為替状況を銀行に聞くことが有ります。
この方法は日銀がこれから介入をしようと考えているという心理を銀行側に伝えて、銀行に円買いを控えさせる効果が有ります。
また口先介入といって政治家や日銀総裁などの影響力のある人が為替相場に対して発言をして、投機筋を牽制したりして円買いを抑える行為が有ります。

これらの介入は円買いを牽制するだけですから、実際には市場介入を行わないと判断されれば効果が無く、逆に円買いに安心感を与えてしまう場合が有ります。

金融緩和は市場介入にはならないのか?

金融緩和は国債を購入して市場に円資金を供給させるだけでして、為替レートに影響を与えるものでありません。
ただ金融緩和による金利低下が円高を牽制する効果が有り、供給資金の多さによっては市場での円資金をだぶつかせて、円を下落させる効果が出る場合が有ります。

日銀が市場介入をするにあたって、放出した円を後で吸収してマネーサプライを調整したり、吸収しないでそのままマネーサプライを増加させたままにします。
金融緩和も目的の市場介入でしたら、保有国債を売却しての円資金の吸収は行いませんから、市場では円が過剰なままになって円安になった状態での取引が続くようになります。

↑ PAGE TOP