今がチャンス!?円安タイミングでFXを攻略

長期トレードと短期トレードのメリット・デメリット

FXのトレードには、長期トレードと短期トレードが有って、それぞれにメリット・デメリットが有ります。
だからFXを始める時は、それぞれのメリット・デメリットをよく理解してから始めると良いです。

長期トレードのメリットとは

長期トレードのメリットとして、長期的に保有することで値幅が大きく動いた後で利確出来るから、リターンが大きいことが挙げられます。
そして短期トレードと比較して手数料の負担が少なくなり、その分リターンが増えることになります。
さらに予想に反した値動きでマイナスになっても損切りをしないで持ち続けることによりプラス転換したり、買いならばスワップが貰えてプラスになりやすいです。

長期トレードのデメリットとは

長期トレードのデメリットとして、長期にポジションを持つ為、予想に反した値動きをし続ければマイナスが膨らんでいきます。
長く持つからリターンが大きくなるとはいえ、相場の波を利用出来ないから、場合によっては短期トレードよりもリターンが低くなる場合が有ります。
せっかく利益になっていても、相場のトレンド変換で利益を喪失または損失に転換したりする場合が有ります。
売りから入った場合、スワップを払い続けなければならないから、スワップの分リターンが低くなったり、損失が拡大していきます。
レンジ相場だとリターンが低くなったり、損失のままで終わったりする。

短期トレードのメリットとは

短期トレードのメリットとして、相場の変動を利用して何回もエントリーして稼げるから、大きく値幅を狙うよりも稼げます。
短期で売買するから、損失を限定的に出来ます。
ポジションを持たない場合も有りますから、急激な相場変動で損失を出すリスクを回避出来ます。
レンジ相場だと威力を発揮して、利益を積み上げていける。

短期トレードのデメリットとは

短期で決済をしますから値幅が大きく取れなくて、回数をこなさないとリターンが大きくならない。
売買手数料が大きくなる分長期トレードよりも不利になる。
1回あたりのリターンが低い為、急激な相場の変動による損失をカバー出来ない場合が多い。
短期トレードだから相場の長期的な波をうまく利用出来ない。
損切りが多いとリターンが低くなったり、マイナスになったりする。

長期トレードも短期トレードもそれぞれメリット・デメリットが有り、簡単に優劣はつけられません。
そして相場毎に有利不利が変わってきますから、その時その時の相場に合わせて有利なトレードパターンを活用することが大事です。

【関連情報】
円高相場のFXトレード

↑ PAGE TOP