今がチャンス!?円安タイミングでFXを攻略

どんな相場でも損切り注文は入れておいた方が良い理由

FXを始めるに当たって、一番大事なのは退場しないことです。
いくら損をしても相場に居続ける限り、損失を取り戻せるチャンスはありますが、退場になったらもう損は取り戻せません。
だから退場しない為には極力損失を抑えるトレードをしなければならないです。

それでどうやって損失を抑えるトレードをするか?

損失を抑えるトレードとして一番なのが、無理をしたトレードを避けることです。
通貨がどちらに動くか分からない時に少しでも儲けようと焦って注文を出すと、予想が外れた場合は、儲けるどころかかえって損失を出してしまいます。
だからわかりやすい時だけトレードをするということで、どんな相場でもトレードをして稼ごうと考えないことです。

そしてわかりやすい時でも損切り注文は入れておいた方が良いです。

どんな相場でも損切り注文を入れておいた方が良い理由

ここでいう損切り注文には2種類あって、一つは普通の損切り注文で、もう一つは逆指し注文です。
普通の損切りは、トレードが失敗で相場が反転しそうにないという弱い状態の場合は、反転に時間がかかる、反転しても弱いから、持っていてもあまり期待出来ません。
そしてさらに損失が増えるリスクが有るから、駄目なポジションは早いうちに手仕舞いをして仕切り直しをするべきです。

損失が確定するのはトレード的には痛いけど、損失が拡大するのはもっと痛いから、ここはあえて我慢して損切りです。

逆差し注文ですが、FXは値動きが早いから、逆差しを入れないでクイック注文をして約定を早くした方が利益が多くなる場合も有ります。
しかしそれでも逆差しを入れての損切りを出来るようにしておいた方がいいです。
逆差しを入れる目的は、損切りをためらって損失を拡大させたり、損切り注文を入力するのに手間取って、損失を拡大させるのを防ぐ為です。

利確はゆっくりと、損切りは素早くが投資の鉄則ですが、FXに於いてもこの鉄則は有効です。

レンジ相場ならそのうち反転して失敗だったポジションが利益に有ると考えられますが、今の相場がレンジ相場と確実にわかる方法が有りますか?それは誰も分かりません。
為替相場は長年為替を扱っているプロですら、相場動向は分からなくて、今後の値動きも満足に予測は出来ません。
まして一般人が常に相場の値動きが分かるわけもなく、確実にトレードの失敗が有ります。
だからトレードの失敗は無くすことは無理だから、せめて失敗した場合の損失を抑えられるよう、確実に損切りをして損失を抑えていくことが大事です。

↑ PAGE TOP