FXを始めるにあたって、Pipsについて理解することはとても重要です。
しかし、Pipsという言葉はFX以外ではあまり見聞きしないことばなので、初心者の方にとってわかりづらいところがあるのも事実です。
そこで、この記事ではまずPipsとは何かについて簡単にご説明します。
その後、このPipsの概念を用いて一日の目標の立て方や、損切り幅の考え方についてご案内します。

Pips(為替差益)とは?

FX取引において、Pipsは値幅を意味する表現です。
1Pipsが具体的にいくらを意味するのかは、ドル円などの円絡みの通貨ペアと、ユーロドルなどの円が絡まない通貨ペアとで若干異なります。

※円絡みの通貨ペアのことをクロス円、ドルが含まれる通貨ペアのことをドルストレートといいます。
円絡みの通貨ペアの場合、1Pipsは1銭を意味します。つまり、100Pipsで1円です。
縁が絡まない通貨ペアの場合、1Pipsは0.01セントを意味します。つまり、100Pipsで1セントです。
1Pipsの利益が具体的にいくらの利益に相当するのかは、ロット数(枚数)によって異なります。例えば、1ロットが1万通貨の業者においてドル円を取引し、1Pipsの利益を獲得した場合の利益は、1銭(0.01円)×10000で100円となります。
※業者によって1ロットが1000通貨を意味したり、10万通貨を意味することもありますので、自分が使っている業者において1ロットがいくらなのかは必ず調べておきましょう。

また、円が絡まない通貨ペアで取引した場合、1Pipsの利益がいくらになるのかは、計算に用いる通貨の対円での為替レートに依存します。例えば、ユーロドルで1Pips獲得した場合には、1セントの利益ですが、1ドル112円の場合には1セントは1.12円となるため、1ロット(1万通貨)で取引した場合には、112円の利益になります。

一日平均何Pips(為替差益)獲得するのがベストなの?

FXで安定して利益を出すためには、的確な損切りと利益確定が必要で、その場合もPipsを基に計算します。
一日に平均的に獲得すべきPipsは、通貨ペアと取引スタイルによって異なりますが、一般的には20Pipsが一つの目安です。
1回のトレードで20Pips獲得する人もいますが、スキャルピングなど超短期売買をされる方の場合には、数Pipsの利食いと損切りを繰り返して一日の目標Pipsに到達します。
利食い幅は、基本的に損切り幅よりも広い必要があります。そのためには、相場のトレンドをよく分析することが重要で、相場にトレンドがある場合にはそのトレンドが終了するまでポジションを持ち続けることで、より多くのPipsを獲得することができます。

的確なPipsの損切幅は?

的確な損切りもFXで利益を上げるためには非常に重要な要素です。
損切りを行うのは、次の2つの場合です。
1つは、ポジションを取った時に自分が想定した相場の値動きが変化した場合です。

2つ目は、自分があらかじめ設定した一日の最大損失額または最大損失Pipsに到達した場合です。
まず、1つ目の相場の変化による損切りについてご説明します。
相場の値動きをとらえる方法は、複数あります。トレンドラインや移動平均、一目均衡表などを用いることが多いですが、トレンドラインをブレイクしたり、各テクニカル指標の売買サインが消えたりした場合には、損切りを行います。

ただし、相場の動きにはノイズが含まれ、一見トレンドが終了したように見えても元に戻ることが多々あるため、一定の余裕をもって見ておく必要があります。
※このような値動きのことを「ダマシ」といいます。

この時用いるのが、Pipsの概念です。
ドル円をトレンドラインでトレードする場合には、一般にラインから20Pipsから30Pips離したところに逆指値の損切り注文(ストップロス)を置いておきます。
ただし、この数値はあくまで目安であると考えましょう。自分がトレードをしていく中で、もっと適切なPips幅が判明してくるはずです。というよりも、適切な損切り幅を見出すことが、FXトレードの核心であるともいえるので、自分なりに研究してみることが重要です。

次に、自分があらかじめ設定した一日の最大損失額または最大損失Pipsに到達した場合についてご説明します。
FX取引で大きな損失を避けるためには、自分自身で「ここまで損をしたら取引を中断する」という基準を持っておくことが重要です。それは、金額で決定してもいいですし、Pipsで決めても構いません。
一般的に短期トレードで一日に30Pips以上やられる場合には、その日の相場に向いていない可能性が高いので、トレードを中断するかロット数を減らすなどの対応をする必要があります。

最終的には5万円が50万円以上になるかもしれない

いかがだったでしょうか。
FX取引をするにあたって、Pipsとは何かを知って慣れておくことはとても重要です。
なお、上記で説明した1日20Pipsを1万通貨で毎日達成した場合には、1か月(20日)で4万円、1年で48万円にもなります。1万通貨に必要な証拠金は、ドル円で2017年11月30日現在では5万円弱なので、1年で5万円が53万円まで増えることになります。

また、余裕をもって、30万円で1万通貨取引した場合であっても1年で30万円が78万円まで増える計算になります。
もっとも、毎日20Pipsの利益を継続してあげるのは非常に難しく、相当な努力を要しますので、特に初心者の方はFXの勉強を欠かさず行うようにしましょう。