FX取引(外国為替証拠金取引)は外貨を売買またはトレードをして差益(利益)を目的とした、投資方法として知られています。少額資金で口座を開設すればすぐに取引できることも可能です。
最近では急騰しているビットコインという仮想通貨を用いたFX手法もユーザーの中で増えてきています。これからそんなFX取引とビットコインFXの違いから方法までの内容を紹介します。

ビットコインとは?

ビットコインとは仮想通貨(実体のないお金)の一種で、円やドル、ユーロといったリアル通貨とは別物の通貨の一つです。つまり、日銀などの中央機関が扱っている通貨とは決定的に違い、お金の価値を国でコントロールすることが出来ない通貨の為、本来FXの特徴である「為替相場」や「為替取引」と全く関係ないのがビットコインです。

この仮想通貨であるビットコインはインターネット上で管理と暗号化がされて安全に他者に移行できるブロックチェーンという技術を使用しています。そのためビットコインは、一部の人からは暗号通貨と呼ばれることもあります。
日本円やアメリカドルが1円・1ドルと言うようにビットコインは1BTC(ビットコイン)と言います。そして初めてビットコインを使用する人が心配な事はセキュリティー面だと思いますが、ブロックチェーンによって記録が書き換えられる心配はありませんが、取引所によるリスクがあり実際にハッキングなどの事件がありました。そのため実際にハッキングされないという可能性が高いとは言えません。

通常の為替FXとは何が違うのか?

通常の為替FXの取引通貨は、ドル・ポンド・ユーロなど複数の法定通貨があり、取引時間が24時間になっていて、土、日や祝日などは休みになっています。ビットコインでは取引通貨が、ビットコイン・ドル/ビットコイン/円などになっていて、年中無休となっています。そのほかにも違いがあり以下の内容で説明します。

1.レバレッジ

為替FXは、最大レバレッジが25倍で取引することができて、10万円場合で250万円を取引することが可能です。そしてビットコインは少し低く最大のレバレッジが20倍になり、20万円の場合は200万円で取引することができます。

2.追証(おいしょう)

為替FXでは取引している外貨の価格が暴落してしまって、預けていた必要証拠金が一定の金額がなくなった場合、追証(追加証拠金制度)を支払わなければいけません。しかしビットコインでは証拠金維持率が低くなった場合でも追証を支払う必要がありません。その代わりにビットコインには上昇して勝った場合には手数料などが発生します。

3.ボラティリティ

為替FXのボラティリティが低く価格の変動が少なく、安定していますが、ビットコインはボラティリティの数値が高いため価格の変動が激しいので目を離さないように確認が必要で、流動性のリスクが伴います。しかしその分、高い利益を望める見込みがあります。ハイリスクハイリターンを好まれる方にはお勧めですが、安定思考の方は為替FXの方がお勧めです。

4.ロスカット

FX取引とビットコイン取引はどちらも口座に入れている資金よりも下回る可能性があり、一つ間違えてしまうと多額の借金を抱えてしまう、なんてこともあります。その状況を防ぐために、ロスカットという制度があり、資金よりも下回り借金を作る前に強制的に取引を止めてくれます。

5.通貨ペア

為替FXとビットコインの通貨ペアそれぞれトレード会社によって変わってきます。選ぶ取引所としては、通貨ペアの20以上の通貨ペアを扱っているところにしておいた方が良いです。

6.現物取引

現物取引は実際にある物同士を取引するときに使う言葉です。FXトレードは、変動する円やドルの為替差益によって取引されます。
一方、ビットコインに関しては実際には存在はしない仮想通貨ではありますがゴールドやプラチナ、原油などと同じ位置付けで現物取引となります。
為替差益取引と現物取引の違いは、通貨の取引は金融機関を通して行いますが、現物取引は金融機関が休みでも関係なく取引できるという点です。

ビットコインFXの会社・仮想通貨販売所(業者)を紹介

BitFlyer


メリット(特徴)
  • アカウント発行に必要なのがメールアドレスのみ
  • 送金時間が早い(1秒)
口座開設
  1. まずはメールアドレスでアカウントの登録します。
  2. 登録ができたら個人情報の電話番号や住所などを入力します。
  3. 個人情報入力をしたら、アカウントクラスを2種類(ウォレット・トレード)の内から選びます。
  4. 最後に入出金したい銀行口座の登録をしたら完了です。
手数料

BitFlyerはアカウントの発行・維持の手数料が無料で、出金手数料は3万以下の場合で三井住友銀行の場合は216円で以上の場合は432円となっています。
また三井住友銀行ではない場合で3万未満で540円で以上の場合は756円になります。

取り扱い通貨ペア

ビットコイン/日本円
イーサリアム/日本円

入金方法
  1. 入金は画面上に出てくる入出金のボタンをクリック
  2. 日本円でご入金を選択して三井住友か住信SBIネット銀行のどちらかを選択
  3. あとは入金して完了して注文が可能になります

自分に合った取引を見つける

ビットコインとFX取引の違いは各所ありましたが、まとめるとFX取引は実際にある通貨を使用していてレバレッジが最大25倍で追証が必要な時があります。
またボラティリティがビットコインよりも安定しています。
ビットコインはレバレッジが最大20倍で追証が必要なく、ボラティリティが安定していません。最終的にはどちらが良いということではなく、自分のスタイルに合う取引方法を選んでみていかがでしょうか。