よくニュースとかで円安になったとか円高になったとか言われますが、円の高い安いとはいったい何を意味しているのか分からない人も多いと思います。
それは外国為替市場で他の通貨に対して円高円安と言っていて、特に米ドルに対して円が高いか安いかを言っています。

どういう基準で円の高安を判断しているか

まず基準として前日の値段で判断していて、米ドルに対して前日より円が安くなっていれば円安で、高くなっていれば円高です。
それで1ドル当たり何円と米ドルの値段が表示され、その値段の金額が前日より大きくなると円安で、小さくなると円高と言います。

大きくなると円高で安くなると円安なのでは

これは米ドルが基軸通貨として採用されている為1ドル当たりいくらと表示されていて、金額が大きくなるとドル高で、小さくなるとドル安になります。
それでドル高の場合は円が相対的に安くなっているとして円安と呼び、逆にドル安の場合は円高と呼びます。
相対的に判断をしているから、円の価値が変わらなくてもドルの価値が変わるだけで円高円安を判断したりしています。

円安と円高が日本経済にどう影響を与えるか

円安になるとドルで決済をしている輸入品の価格が値上がりすることになって、国内に流通している商品が値上がりします。
また原油も値上がりして、電気・ガスなども値上がりするので、経費を価格に上乗せしなければならない分輸入品で無くても値上がりすることになります。
円高になると輸入品は値下がりして物価が安くなりますが、日本から輸出している商品が外国では高くなったりして輸出が落ち込んでしまいます。

日銀の円安誘導で日本経済は良くなるとは限らない

日銀の異次元緩和で大幅な円安になりましたが、それでも経済が良くならないからと追加で金融緩和をしたくらいですから、円安になったからといって日本経済は良くなるわけではないです。
日銀はインフレ目標を輸入品の価格の上昇で達成しようと考えましたが、企業の方は景気が回復しない状態での物価の上昇は売り上げが落ちるだけと、物価を上昇させなくてインフレにはなっていません。
そしてせっかく原油が値下がりして、企業・家計のコスト負担が減少になるのに円安がそのコスト負担を帳消しにしてしまう恐れが有ります。

円安になれば輸出が増える分、日本経済には良い影響を与えますが、行き過ぎた円安は国内の物価を上昇させて一般市民の生活を苦しくしてしまいますから、為替は安定する方が望ましいです。