FXは為替相場の変動を利用してトレードをして利益を得るものですから、変動に合わせたトレード戦略を考える必要が有ります。
為替が円高に振れる円高相場の場合は、円高に合わせたトレード戦略を考えなければならないです。

まず円高になったらどうなるかを考える

円高になる条件として、金利差縮小で円が買われる場合が有ります。
何故金利差縮小で円が買われるかですが、キャリートレードとして円を借りて他のリスク資産に投資をしているからです。

キャリートレードとは

キャリートレードとは低金利の通貨を借りて高金利の通貨の債券に投資をして、借入金利と債券の金利の金利差で稼ぐ方法です。
それで金利差が縮小して、高金利通貨のリスクが高まるとキャリートレード解消で。高金利通貨建ての債券を売却します。
売却で得た高金利通貨で借り入れ返済の為に円を買い戻して、借り入れを返済します。

だから金利差が縮小するとキャリートレードの巻き戻しで円が買われて、金利差が広がらない限り円が反転しません。

金利差が縮小している間は、円が買われますから他通貨売りのポジションを多めにとって、他通貨買いのポジションは控えめにするべきです。
しかし金利差はある程度大きく広がれば、しばらくすれば安定するので、行き過ぎた円買いにも調整が入って、長くは円の上昇トレンドにはならないです。

次に円高になる条件として、安全資産として円が買われる場合です。
円が安全資産として買われる理由ですが、先のキャリートレードで金利が低い円を借りて金利の高い通貨の債券に投資をします。
金利の高い通貨は金利が高い分、政情的、経済的に不安定なので、変動リスクが大きいです。
変動リスクが大きいから、リスクが高いと感じればキャリートレード解消で高金利通貨を売って円を買い戻します。

この買戻しに乗るように他者も円を買って円高が進むので、為替差損を避けての円買いも入って、円が安全資産として買われるということになります。
政治的なリスクや経済的な問題で円が買われますから、情勢が織り込まなければ円高は継続します。
ただ問題解決や問題解決を示唆する発言などが有れば、円高トレンドが解消になって相場が反転する場合が有りますから、ニュースに注目をし続ける必要が有ります。

円高相場の場合は他通貨を売ることで利益を得ることが出来ますが、金利差的に長期的な保有はスワップ面でのマイナスが大きくなるので、気を見て決済をすることが大事です。